私はiphone4から4年くらいiphoneを使用しているのですが、巷でもよく言われているようにiphone5の充電ケーブルは純正品、社外品を問わずに比較的断線し易く、酷いものになると買って数日しか経っていないのに使用不能になります。

okoru

ダイソーなどの100均で購入したものならまだ諦めもつきますが、1,000円以上のものとなるとそうは行きません。

我が家は家族の分も含めて3台のiphone5を維持していますが、相変わらず何度も切れてその度に買い換えています。

スポンサーリンク

しかしその中でも1年半以上使用して全く不具合が出ていないケーブルもあります。

それは純正品ではなく社外品のケーブルなのですが、残念ながらメーカーは不明です。

こんなことならちゃんと控えておけば良かったと思うのですが・・・。

但し、このケーブルには他と違った特徴が二つあります。

左が壊れないケーブル、右がすぐに壊れるケーブルです。

2014y12m20d_133211515

スポンサーリンク
・ケーブルそのものが太い
・USBマークがプリントではなく立体的に浮き上がっている

iphoneのケーブルが壊れる要因は断線が最も多いと言われていますが、左の太いケーブルは見た目も頑丈そうで、つなぎ目もしっかり固定されています。

見た目のスマートさはないですが、この太いケーブルが壊れにくい理由だと思います。

従ってiphone5の充電ケーブルが壊れた時には太いケーブルのものを購入すると良いでしょう。

~追記~

この記事を書いてから1ヵ月後に充電コネクター部分にケーブルの端子を差し込んでもぐらついて充電できたり出来なかったりという状況が頻繁に発生しました。

2年近く使っていたので今まで良く頑張ってくれたなと思いつつ、新しいケーブルを購入したのですが、それでも症状は改善されず…。

そこでハッと気がついたのですが、もしやコネクタの穴の中にゴミが詰まっているのでは?

そこで爪楊枝でコネクタの中をほじくり出してみると…

2015-01-17 19.31.07

綿ぼこリが出るわ出るわ、良くあの小さい穴にこれだけ詰まっていたなと言うくらい出て来ました。

この綿ぼこりのせいで充電ケーブルの端子がうまくフィットしていなかったんですね。

普段ポケットに入れているせいでホコリが溜まり易いのでしょう。

充電ケーブルがおかしいと感じたら、コネクタを掃除してみましょう。

スポンサーリンク