2月に家族揃ってiPhone5からiPhone6に機種変更した際に3台合わせて6,000円の携帯割引を適用させる為に「YahooBB! with フレッツ」から「ソフトバンク光」への移行を行いました。

切り替わりのタイミングでインターネットの接が不安定になる、BBフォン光の着信が出来なくなるなど、いくつか不具合がありましたので報告しておきます。

以下サポートに問い合わせて解決しました。

1.インターネットの回線が超絶不安定になった

okoru

スポンサーリンク

切り替え当初は100Mbps程度の速度が出ており何の問題もなかったのですが、何時間かおきに回線が超不安定になり、一度ソフトバンクから送られてきたモデムを再起動させないと治らない状況が発生し始めました。

この状況だと通信速度が15Kbps程度まで低下し、まるで昔のダイヤルアップ接続の時代を彷彿とさせます。

動作環境はフレッツ光の時から使用していたNTTのゲートウェイ「PR-400Mi」とソフトバンクのモデム「E-WMTA2.2」です。

いつものようにトラブル対策を探してネットを徘徊しつつ、ゲートウェイやモデムの設定をいじくり回してみたものの治らず、サポートに問い合わせてみると「ゲートウェイのプロバイダー接続設定とモデムの接続設定が競合している可能性がある」との事でしたのでゲートウェイの接続設定を削除しました。

確かに光回線を引いた時から、市販のルーターを使用してゲートウェイと接続していましたのでゲートウェイの設定はそのままでした。

対処手順

参照サイト

NTT西日本

・ゲートウェイ「PR-400Mi」とパソコンをLANケーブルで直接接続し、「http://ntt.setup/」にアクセス

・ゲートウェイ「PR-400Mi」設定のIDとパスワードを入力

・左側の「基本設定」⇒「接続先設定(IPv4 PPPoE)」をクリック

2015y03m20d_141315416

・メインセッションの操作の欄の削除をクリック

2015y03m20d_141404848

この処理で回線の不安定さは解消し、常時100Mbps程度での通信が安定するようになりました。

2015y03m20d_143353050

スポンサーリンク

2.BBフォン光の着信が出来なくなった

ソフトバンクのモデム「E-WMTA2.2」のBBフォンのインジゲーターと、NTTゲートウェイ「PR-400Mi」の光回線のインジゲーターともに正常に点灯していた状態ですが、BBフォンの発信は出来るものの、固定電話の電話番号での着信が不可能な状態になりました。

電話を掛けた側にはコールの音は流れるものの、着信側の電話機はウンともスンとも言いません。

対処手順

・「PR-400Mi」の背面の電話機ポートの直下にある「UNI」と書かれたカバーを外します。

2015-03-20 14.10.18

・ポートにもともと刺さっていた青いLANケーブルを外し、そこに「PR-400Mi」と「E-WMTA2.2」のインターネット回線を繋いでいたケーブルを挿します。

2015-03-20 14.09.34

ここと「UNI」ポートを繋ぐわけです。

2015-03-20 15.26.26

これでBBフォン光で固定電話番号での着信が可能となりました。

3.ソフトバンクの評判や評価について

ソフトバンクは一般的には値段は安いが詐欺まがいの強引な勧誘をすると言われています。

確かに光回線の自由化に伴い、NTTのフレッツ光からの乗り換えキャンペーンが始まったばかりの現在ではトラブルが頻発しているのではないかと思います。

NTTのゲートウェイの機種やユーザーごとの接続方法も様々ですので、充分に検証期間を設ければトラブルは未然に防ぐ事が出来ますが、今のところソフトバンクの説明はまだまだ不十分であると言わざるを得ません。

しかしながら、ある程度ネットやパソコンの知識がある人間であれば対応できない程ではありません。

ソフトバンクのサポートは電話が全く繋がらないという悪評が立っていますが、私は今回始めてソフトバンクのサポートに電話をしてみましたが、すんなり繋がりましたし、サポートの方の対応も充分満足のいくものでした。

パソコンの知識が全く無い人にはおすすめ出来ませんが、ある程度の知識を持っている方であればスマホ割引は魅力ですので一考の価値はあると思います。

スポンサーリンク