11月に突入して急激に寒くなりました。

毎年このくらいの時期になると寝ている間に思いのほか気温が下がり、朝起きたら喉が痛い、だるいといった症状を感じることがあります。

kazehuki

私はここ数年、多少熱っぽさを感じることはあるものの、風邪を引いてダウンしたり熱や咳が長引いたりしたことがありません。

スポンサーリンク

それ以前はちょくちょく熱を出して体調が悪い中会社に行っていました。

実は今日も少し疲れていてくしゃみがでたり、少し寒気がして風邪を引きそうな予感がするのですが、いつもこの症状が出たときに必ず飲むものがあるのです。

数年前にこれを会社の同僚に教えてもらい最初は半信半疑でしたが、いつもなら「これは翌日ヤバイな」と感じる体調の時に飲むようにしたところ、あら不思議、翌日にはすっかり回復するようになりました。

その秘密の薬・・・秘密でも何でもないですがこの際もったいぶります。

それは・・・「麻黄湯」です。

何年か前にインフルエンザでタミフルの副作用が問題になった時に「麻黄湯」が良いとメディアでも話題になりました。

麻黄湯はインフルエンザに効く!?

実体験として普通の風邪にも効果覿面だと感じています。

風邪の引き始めには「麻黄湯」!

と書いてみたのですが、「麻黄湯」を飲む機会を逸して見事に風邪を引きました。

■風邪と眠気

nemuke

スポンサーリンク

9月から単身赴任となり、生活のペースや食生活、仕事もやや立て込んでいた事もあり、見事に今年初めての風邪を引きました。

日曜日は朝6時位に起きて仕事に向かうのですが、先週は仕事が終わって家に帰ってブログの更新をしようと思い、21時ごろに布団に入ってあれこれスマホを眺めていたのですが、そのまま寝落ちしてしまいました。

いつもなら大量に寝た翌日はスッキリシャッキリする筈なのですが、月曜日は何故か一日中やたらと眠い・・・寝すぎたのが原因かと思っていました。

火曜日は仕事が休みでしたので、これまた良くこれだけ寝れるなというくらいに爆睡、目を覚ますとなんだか頭が痛かったりだるかったりで、風邪引いたか?と思い熱を測ると37度ありました。

今回このような症状が出て、良く調べてみたのですが風邪を引くと体の免疫反応が起きて、菌をやっつけようとする過程で「眠気」という症状が出るそうです。

本来ならば、この異様な眠気を感じた時点で麻黄湯を飲んでおくべきでした。

しまった!麻黄湯を飲むべきだった・・・と後悔しても後の祭り、麻黄湯は熱が出る前に飲まなければ効果はありません。

ならば次の手がある!

■葛根湯

そこで今回は葛根湯を飲む事にしました。

私はいつも風邪を引くと、くしゃみ・頭痛・熱⇒鼻詰まり・鼻水⇒咳⇒治癒という流れで完治します。

大体1週間程度で症状も収まるのですが、今回は葛根湯を飲んで睡眠も良く取った事で3~4日で症状が収まっています。

最近は年をとったせいか、若い頃に比べると体力が落ちてきたと実感する事が多くなっています。

備えあれば憂いなし!という事で、少しでも体に異変を感じたらすぐに麻黄湯を飲めるように、最近では我が家の常備薬として切れる事のないようにしています。



スポンサーリンク