先月の「ペヤング焼きそば+納豆」に引き続き、今回は一番気になっていた「ペヤング 背脂 MAX」にチャレンジしてみました。

》》》ペヤング納豆焼きそばを食べてみた

このパッケージからは中身がなかなか想像出来ませんが、絵具やペンキをまき散らしたみたいで食べ物っぽくありません。

スポンサーリンク

あまり食欲をそそられるようなデザインでは無い事は確かですね(笑)

固形の脂っぽいかやくが入っているのかと思ったが?

背脂と聞いて連想したのが、ホープ軒のような固形の脂を乾燥させたものが入っているのでは?という事でした。

【ホープ軒】

前回の納豆がそのような感じでしたので、トッピングで背脂感を出すのかも?と考えていたのですが、全くの見当外れでした。

かやくを見る限りは何だか普通のカップラーメンに入っているようなメンマやナルト、ネギを乾燥させた物しか入っていません。

どう見てもカップラーメンの具ですよね…これは。

…と言う事は、ソースの方に背脂っぽい物が入っているという事ですね。

スポンサーリンク

お湯を切って背脂ソースを掛けてみる

「今すぐソースを開けて中身を見てみたい!」と言う衝動を抑えつつ、かやくを入れてお湯を注いで待つ事3分…

ソースの袋の中には何やら黄色っぽく、ドロドロした怪しい液体が…

あんまり美味しそうじゃない…と最初は思ったのですが、どうやら袋の底には別の成分が沈殿していたようで、最後の方は茶色っぽい味噌か醤油ダレのようなものが出てきました。

見た目はあんまり美味しくなさそうですね(笑)

ソースが麺に浸み込んで行くと、脂成分が上に残ります。

このドロッとした物が背脂の正体です。

このままだと見た目がかなり微妙ですが、かき混ぜてみると結構美味しそうに見えるようになりました。

味は背脂やきそばと言うより、油そばだった

最後は結構美味しそうな見た目になったのですが、最初に想像していた物とは全く違ったものになってしまいました。

ただ、味の方は醤油ベースの豚骨ラーメンであるとか、油そばのような感じで、かなりこってりしており、私の好みの味でした。

ペヤングのやきそばの麺と油そばのタレの組み合わせは今まで経験した事がない食感ですが、これはこれでなかなか新鮮ですし、全然アリだと思います。

普通のペヤングとどちらかを選べと言われたら、私はこちらを選びますね。

ペヤング
激辛
酸辣MAX背脂
納豆
ペペロンチーノ
チョコレート
パクチーMAX
わかめMAX
超大盛
激辛ハーフ
にんにくMAX

各種詰め合わせ
激辛カレー
スポンサーリンク