まるか商事から「ペヤング焼きそば+納豆」という物が発売されています。

「ペヤング」と言えば、2014年末にゴキブリ混入事件で製品の自主回収を行い、市場が極度な品薄状態になった事で改めて消費者から愛されてきたブランドだと再認識されたのが記憶に新しいところです。

「ペヤングソース焼きそば」は1975年から発売され、40年以上経った現在でもその味わいを大きく変えることなく販売され続けている、カップ焼きそば界のコカコーラのような存在です。

スポンサーリンク

こちらは1980年代初頭のCMですが、当時小学生だった私の記憶に強く焼き付いています。

 

 

因みに「ペヤング」のネーミングの由来を最近知ったのですが、昔は高価だった時代のカップ麺を当時の若いカップルに二人で一つのものを仲良く食べて欲しいという願いから「ペア」と「ヤング」で「ペヤング」としたそうです。

最近では激辛ペヤングであるとか、背脂MAX、チョコレート焼きそばなど、一見すると美味しいとは思えないような焼きそばが発売されていますが、「ペヤング焼きそば+納豆」もまるか商事の新しい試みの一つと言えるでしょう。

「ペヤング焼きそば+納豆」の作り方

今回はたまたま「ペヤング焼きそば+納豆」がコンビニで販売されているのを見かけて面白そうなので何も考えずに衝動買いしてしまいました。

蓋を開けてみると、中には通常のかやくと納豆味のもとになる「後入れかやく」なるものが入っています。

どうやら納豆を乾燥させて小さく砕いたものと、粉末状まで小さくした物が含まれているようです。

通常の「ペヤングソース焼きそば」と同様にかやくを入れて3分後に湯切りをします。

ソースをかけてかき混ぜてから、この「納豆かやく」を掛けて再度かき混ぜる感じです。(この辺はお好みでかき混ぜなくても良いような気もします)

スポンサーリンク

納豆の味はあんまりしなかった

乾燥した納豆を砕いて入れている為、かなり強烈に納豆の味がしそうなイメージですが、実際に食べてみると納豆の味はほとんど感じられませんでした。

また、納豆特有の臭みや粘り気もほとんどありません。(ほのかに納豆の香りがする程度)

ただし、粘り気はないものの何と表現すれば良いのか分からないような、「しっとり感」があります。

ネバネバはしないけど、唇に吸い付く感じと表現したら良いのでしょうか?

これは私が今までに体験した事がない食感です。

美味しいかと聞かれれば普通に美味しく、納豆が苦手な人でも問題なく食べられるレベルだと思いますが、納豆の味や食感を期待する人には物足りないと思います。

個人的にはもっと強烈に「納豆味!」と感じられる方が好きですね。

折角なのでもっと強烈な納豆味を期待!

まるか食品は例のゴキブリ混入事件で一時的に売上を落としているものの、数年ベースで見ていくと増収増益を続けてきた80億円の売り上げと9.5億円の利益を誇る優良企業です。

先程、カップ焼きそば界のコカ・コーラと言う表現をしましたが、「ペヤングソース焼きそば」人気と認知度がこの会社の売上の大部分を支えているといっても差し支えないでしょう。

コカ・コーラも1886年の創業から100年以上もトップシェアの座を維持しているコーラ会の巨人ですが、実は目隠しをしてコカ・コーラと業界2番手のペプシコーラのどちらが美味しく感じるかと言う実験を行った際に、ペプシコーラを美味しく感じる人が多いという結果が出ています。

ペプシコーラの追随を許さない為に、かつてはコカ・コーラもその味を微調整した時期があったそうですが、すぐに消費者からの猛烈な抗議に遭い、もとの味に戻したといういきさつがあります。

消費者にとっては、いつまでも変わらない安心出来る味と言うのがコカ・コーラの魅力の最重要ポイントだった訳です。

これはカップ焼きそば界のコカ・コーラである「ペヤングソース焼きそば」にも同様の事が言えると思いますので、懐かしくもいつも変わらない安心した味わいの「ペヤングソース焼きそば」の味はいつまでも変わらない味わいであって欲しいものです。

ただし、企業の成長という部分を考えると新しい製品の開発は必要不可欠で、その為にまるか商事はちょっと変わった味の焼きそばを販売しています。

これらの商品は、おそらく大ヒットを狙ったものではなく、話題作りや少数のコアなファン向けの物として、という側面が強いのではないかと想像します。

そう言った観点から、今回の「ペヤング焼きそば+納豆」と言うのは、確かに納豆が苦手な人でも美味しく食べられるに違いありませんが、納豆好きの人にとっては物足りません。

そもそも、消費者の選択として、これなら別に普通の「ペヤングソース焼きそば」でも良いんじゃない?と思えてしまう程度の納豆味です。

従って「ペヤング焼きそば+納豆」は企画としては面白いが味は中途半端でつまらないというのが私の評価で、今度継続販売するならばもっと強烈に「納豆味」と「納豆の食感」を再現したものにマイナーチェンジする事を期待します。

怪しいペヤングの他の焼きそばも試してみたくなってしまった

普段何気なく食べているカップ焼きそばですが、今回「ペヤング焼きそば+納豆」を食べるにあたって色々調べた結果、他のまるか商事のカップ焼きそばにも興味が湧いてしまいました。

ペヤング
激辛
酸辣MAX背脂
納豆
ペペロンチーノ
チョコレート
パクチーMAX
わかめMAX
超大盛
激辛ハーフ
にんにくMAX

各種詰め合わせ
激辛カレー

最も興味があるのは「背脂」と「チョコレート」です。

「背脂」は大体の察しがつきますが「チョコレート」は全く想像出来ませんので、今後随時試してみてレビューを追記します。

スポンサーリンク